引越しが決まってから最初にする事を確認!

引越しでは、役所の手続きから時間のかかる荷造りまでやる事が盛りだくさんです。

特に初めての事だと戸惑いますが、やる事リストを確認して一つずつ出来る事から行っていけば何の問題もありません。

準備期間は1か月前でも大丈夫ですが、余裕を持って2ヵ月前からボチボチと行っていく事をお勧めします。

 

最初にやる事

・賃貸物件の場合は、解約の連絡
最低1か月前という契約がほとんどです。)

 

 

・不要品をあぶり出す

料金を安くする為に一番重要なポイントです。せっかくの新居を要らないもので一杯にしない為にも時間をかけて選別して下さい。)

 

ご家族の場合は、それぞれ要らないものをチェックしてもらうか、家族会議などで打ち合わせを最初の段階で行いましょう。

 

処分また買い換え予定の家具、家電など大型物から優先して、売れるものは数百円でも売るようにして下さい。

また、家具や家電といった大型荷物でも、全国対応で無料査定OKのサービスも存在しますので、積極的に活用して下さい。

 

 

衣類などはどの業者も全国の配送料が無料のところがほとんどです。段ボールに詰めて送って、料金が合えば買取の承諾、その後振込という流れです。

ただし、ブランド品のみ買取という業者が多い為、ノーブランドは地元のリサイクルショップで査定してもらいましょう。

たとえ、ブランド品でも古い、傷みがある衣類は1着につき査定額10円のところが多くなっています。

 

 

・売れない不用品の処分方法を考える

 

ネットで全国のサービスを調べても買取不可だった場合は、一般的ですが、

 

  • 自治体の業者に処分をお任せする
  • リサイクルショップの出張査定を利用する
  • 引越し業者に処分もお任せする

の三つになります。

 

民間回収業者の利用もありますが、口コミ評判の確認や無料の出張査定があれば活用しましょう。
(または、引越し業者にお勧めの業者や提携の業者を紹介してもらう方法もあります。)

 

引越し業者の場合であれば、午後便と言うプランがあり、その日最後の引越しであれば無料で持って帰ってくれる事もあります。

また有料の場合でも、リサイクル料金が必要な家電であれば手続きが必要になるので、処分費用が折り合えば全て任せてしまうのも一つの方法です。

 

 

・引越し業者を決める

引越し業者を決める場合、単身以外であれば必ず自宅見積もりを依頼するようにして下さい。

電話やネットでの見積もりだけでは、当日に荷物がトラックに乗らないトラブルが起こります。

 

 

また、この際に不要品の処分をお任せする場合には条件の良い業者を選別する必要があります。

自宅見積もりでは、運ぶ荷物と運ばない荷物を必ず聞かれますので、見積もり前に不要品を決める必要があります。

 

契約を決めた業者から梱包資材を配布してもらい、荷造りを行っていきましょう!
段ボールは一人につき20枚程度が必要。)

 

 

・使わないものから荷造りを行っていく

・荷造りは持って行くと決めた物の中で、普段使わないものから順番に段ボールに入れていき、何を入れ転居先のどこで使うかをマジックで大きく記載します。

ブランド品などの高価な物は書かない!

 

引越し日当日まで必要な物は、

  • 布団
  • 洗面用具
  • 着替え類
  • 食器類

ぐらいなのでその他の荷物は荷造りをしていきます。

 

大型な家具、また家電は業者が当日または前日に梱包をしてくれるのでそのままにして置いて下さい。

ベッドやPCテーブルなど解体できるものは、引越し業者であれば基本無料サービス、運送業者は有料サービスが一般的です。
この点も見積もり時に確認して下さい。また、無料サービスの場合ご自身で解体を行っても安くはなりません。

 

準備事項としてこれぐらいを抑えておきましょう。
役所の手続きはまた次回記載して行きます。