海外に引越しする場合の輸送方法と、注意しておくべきポイント

 

留学や赴任、あるいは移住をきっかけに海外への引越しをする場合にも、既存の大手引越し業者や宅配業者のサービスを利用して家財の運搬が可能です。

 

海外に家財を搬送する際の方法は船便航空便という2つの方法のどちらかを選択することが一般的です。

 

船便を選択すると安く家財を運ぶことができますが、新居への到着までに2ヶ月程度がかかる場合が多いことがデメリットとなります。

 

 

 

反対に航空便2週間前後で新居に家財が届きますが、船便よりも料金は高くなります。

 

それぞれの事情に合わせて、どちらのメリットを取るかを検討すると良いでしょう。

 

国内で大手と呼ばれる業者は海外への引越しに対応しています。

 

  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越し社
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
  • ハトのマークの引越しセンター
  • クロネコヤマト

 

 

また、大手の引越し業者を利用して荷物の搬送を行ったとしても、海外でも同じ引越し業者が配送の手続きを引き継ぐことはまずありません。

 

海外では、引越し業者と提携する業者が業務を引き継ぐことが一般的ですから、引越し先の国に有力な提携企業を持つ引越し業者を選択することをおすすめします。

 

日本と海外では電圧が異なるので持って行く家電は注意が必要です!

 

次に、海外の新居に持って行く家財を事前に選別するということも重要なポイントです。

 

 

家電の場合、海外ではそのままコンセントに挿して使用する場合には変圧器が必要となるケースが多く、結果としてその国に対応している家電を買い直すことになったという方も多いです。

 

輸送にかかるコストと比較して安く上がる場合には、現在使用中の家電を売却して新しい家電は現地調達するという選択が有効です。

 

また、せっかく輸送した家具が大きすぎて玄関や廊下、あるいは階段を通過できずに処分せざるを得なくなるということもあり得ます。

 

そうなってしまっては時間とお金の無駄遣いになりますから、事前に新居の扉や廊下の幅と高さを調べておき、運び込めそうにない家具はそのまま日本に残すか、処分しておきましょう。

 

逆に、家財だけといった大物荷物のみを運びたい場合は、国際輸送専門の業者を選ぶ事も費用面から見て候補に入れておきましょう。